ブリーダーの育てる犬を子犬販売するドッグリアン東京

超小型犬小型犬の室内犬の犬種別子犬販売情報

超小型犬小型犬室内犬の子犬販売情報

ブリーダー直販型子犬販売ドッグ・リアン東京のお薦めする小型・超小型の室内犬の子犬は、チワワ、トイプードル、マルチーズ、ヨークシャーテリア、ポメラニアン、パピヨン等おとなしく、比較的お手入れのしやすいく、飼いやすい子犬の情報を選んでいます。

また、ビションフリーゼ、ペキニーズ、シーズー、パグ、キャバリアキングチャールズスパニエル等も人懐っこい子が多く、室内犬に最適です。

決して激安ではありませんが、直販のメリットを生かし格安で割安の健康な犬の子犬情報を提供できるよう、努力しています。

各犬種のブリーダー直販の子犬販売情報は、毎日更新されています。

犬種別に探す。

チワワのブリーダーの犬

チワワチワワの子犬販売情報はココをタップorクリック

ヨークシャーテリア、ヨーキーのブリーダーの犬

ヨークシャーテリアヨーキーの子犬販売情報はココをタップorクリック

マルチーズのブリーダーの犬

マルチーズマルチーズの子犬販売情報はココをタップorクリック

ポメラニアンのブリーダーの犬

ポメラニアンポメラニアンの子犬販売情報はココをタップorクリック

トイプードルのブリーダーの犬

トイプードルトイプードルの子犬販売情報はココをタップorクリック

パピヨンのブリーダーの犬

パピヨンパピヨンの子犬販売情報はココをタップorクリック

ペキニーズのブリーダーの犬

ペキニーズペキニーズの子犬販売情報はココをタップorクリック

ビションフリーゼのブリーダーの犬

ビションフリーゼビションフリーゼの子犬販売情報はココをタップorクリック

シーズーのブリーダーの犬

シーズーシーズーの子犬販売情報はココをタップorクリック

キャバリアキングチャールズスパニエルのブリーダーの犬

キャバリアキングチャールズスパニエルキャバリアの子犬販売情報はココをタップorクリック

パグのブリーダーの犬

パグパグの子犬販売情報はココをタップorクリック

小型犬種のミックス犬(ハーフ犬)

小型犬ミックス犬(ハーフ)小型犬種のミックス犬(ハーフ犬)の子犬販売情報はココをタップorクリック

PADOG子犬販売情報・小型犬

 

ブリーダーの子犬販売2017年5月生の超小型犬小型犬

ブリーダーの子犬販売2017年4月生の超小型犬小型犬

ブリーダーの子犬販売2017年3月生の超小型犬小型犬

ブリーダーの子犬販売2017年2月生の超小型犬小型犬‎

ブリーダーの子犬販売2017年1月生の超小型犬小型犬‎

ブリーダーの子犬販売2016年12月生の超小型犬小型犬‎

ブリーダーの子犬販売情報2016年11月生超小型犬小型犬

ブリーダーの子犬販売情報2016年10月生まれの超小型犬

ブリーダーの子犬販売情報2016年9月生まれの超小型犬

ブリーダーの子犬販売情報2016年8月生まれの超小型犬

ドッグリアン東京のお薦め犬種は、

  • 超小型犬のチワワと、小型犬のトイプードル、ポメラニアン、マルチーズです
  • 超小型犬のヨーキー(ヨークシャーテリア)、小型犬のパピヨン、キャバリア・キングチャールズ・スパニエルそして、個性豊かなペキニーズ、シー・ズーもお薦めです。
  • テリア種は遊び好きで、ウエスティ(ウエストハイランドホワイトテリア)、ジャックラッセルテリア、ボストンテリア、ケアーンテリアがお薦めです。
  • チワワ(スムース)、ヨーキー、トイプードル、マルチーズ、パピヨン、ミニチュアシュナウザー、ウエスティは、抜け毛も少なく、お手入れのしやすい犬種です。 また、チワワ、トイプードル、マルチーズ等のミックス犬も人気です。

子犬をお決めになる前に、お願い。

1. ご家族全員の同意を得てください。 犬は10年、小型犬は犬種によって長ければ20年生きます。子犬を家族の一員として迎えるのですから、家族全員の同意と協力が不可欠となります。 もし反対している人がいれば犬も幸せではありません。 まずは、家族全員の同意を得てください。 2. 飼育環境に問題が無いかご確認ください。 犬を飼うことができる環境でしょうか。お住まいは、一戸建て、もしくはペットの飼育が許可されたお住まいでしょうか。 ペットトラブルを防ぐためにも、近隣への配慮は欠かせません。 3. 誰が責任をもって犬の世話をするかを話し合ってください。 犬と暮らすということは、犬の食事、散歩、トイレの掃除、その他お手入れが必要になります。 家族の中で誰が責任をもって世話をすることができるか話し合ってください。 4. 最後まで責任をもって面倒を見れるか話し合ってください。 子犬の頃は確かにかわいいです。でも、犬も年をとって介護が必要になることもあります。 また、人間の都合(転勤・転居・病気など…)は突然とやって来ます。 どんな事があっても、家族みんなで責任をもって最後まで見れるか話し合ってください。 5. 飼育費用が必要なことをご理解ください。 ペットシーツやエサ代、治療費、予防接種代、フィラリア代などがかかります。 特に獣医関係の出費は、高額になるケースが多く、ペット保険などの検討も必要です。 ドッグリアン東京では、販売後犬が飼えなくなったということが絶対ないように、最低限上記5項目は、販売前にお約束頂きますようお願いいたします。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional