ブリーダーの育てる犬を子犬販売するドッグリアン東京

アイペット代理店PADOG関東ドッグリアン東京勧誘方針と医療費の実例

ペット保険勧誘方針

ドッグリアン東京は、各種法令や社会のルール等を遵守し、次の方針に基づき、適正な勧誘を行います。
  1. 損害保険商品(以下、「保険商品」といいます。)の販売にあたっては、保険業法、金融商品の販売等に関する法律その他の関係法令等を守り、適正な販売に努めてまいります。
  2. 保険商品の販売にあたっては、お客さまに保険商品内容を十分ご理解いただけるよう、知識の修得、研さんに励み、わかりやすいご説明に努めてまいります。
  3. お客さまの保険商品に関する知識、ご加入目的、財産の状況等を総合的に勘案し、お客さまのご意向と実情に沿った商品をご選択いただけるよう努めてまいります。
  4. 市場の動向に大きく影響される商品については、お客さまの判断と責任において取り引きが行われるよう、適切な情報提供に努めてまいります。
  5. お客さまに関する情報は業務上で必要な範囲で公正に収集・使用するとともに、厳重に管理する等、適正に取り扱います。
  6. 万一保険事故が発生した場合の保険金のお支払いにつきましては、ご契約の内容に従い、迅速かつ的確に手続が行われるよう努めてまいります。
尚、常にお客さまのご意見、ご要望等をお聞きし、保険商品の開発・ご提供の参考にさせていただくとともに、適正な営業活動に役立たせていただくよう努めてまいります。

医療費の実例

犬種によってかかりやすい病気が違います。この犬種のかかりやすい病気を理解し、怪しいなと思ったら早めに治療しましょう。 【事例1】チェリーアイの手術 ■A病院の場合 患犬:ブルドッグ ♀ 【診療明細内容】※共通して行われた検査処置のみ ・手術料金 21,000円 ・麻酔料金 8,400円 ・点眼薬料金 1,470円 計 30,870円 ■B病院の場合 患犬:フレンチブルドッグ ♂ 【診療明細内容】※共通して行われた検査処置のみ ・手術料金+麻酔料金 75,000円 ・点眼薬料金 1,500円 (その他、入院費・内服薬・処置料など4,900円加算あり) 計 76,500円 (全ての診療費を含めると81,400円) ※A病院に比べ45,630円の差額。手術に関する費用の差が大きい。 【事例2】骨折・ボルト固定手術 ■A病院 患犬:トイ・プードル ♂ 【診療明細内容】※共通して行われた検査処置のみ ・診察料 800円 ・レントゲン1枚 7,000円 ・麻酔料 10,000円 ・手術料 30,000円 ・注射料 1,300円 ・内服料 4,200円 ・入院料(3日) 7,500円 (その他 入院+2日などで5,000円加算) 計 60,800円 (全ての診療費を含めると65,800円) ■B病院 患犬:イタグレ ♀ 【診療明細内容】※共通して行われた検査処置のみ ・診察料 1,000円 ・レントゲン2枚 4,000円 ・麻酔料・手術料 48,000円 ・注射料 1,540円 ・内服料 1,290円 ・入院料(3日) 7,200円 計 63,030円 ■C病院 患犬:ヨーキー 【診療明細内容】※明細内容が明確でない(何がいくら、単価はいくらなどの詳細が不明) ・前検、X-P、麻酔一式 150,000円 ・手術料一式 20,000円 計 170,000円 ※A、Bの病院は大きな治療費の差がないが、Cの病院は明細書を一括表示し、何に対していくらの料金がかかっているのかが明確でなく、A、Bの病院と比べると倍以上の治療費を請求している。治療費の詳細を提示しない悪い獣医の例でもあると言えます。
  • ペット保険のお申し込みはこちらから。
ペット保険・動物保険はアイペット
  • アイペット損害保険会社「うちの子」にご加入の方には、更に安心の手術費を90%保証する「うちの子Light」にも加入する事が可能となります。

ドッグリアン東京はアイペット損害保険会社の代理店です。 損害保険募集人:田川 健
  • ペット保険勧誘方針と治療費の実例

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional